リラクミン 副作用

リラクミンは不眠症対策に講じたサプリメントです。頻繁に睡眠薬を使用するには、副作用も含めて服用を考えなくてはいけません。睡眠薬には、依存症があり、不眠症の症状がかえって悪化することさえあります。そこで、睡眠薬ではなく、不眠症の症状が重くないと感じるとき、サプリメントなどで改善を図ろうとするのが人です。そこで、不眠症に効くサプリメント「リラクミン」の効能と副作用について調べてみました。サプリメントは、自己判断での購入がほとんどですので、ネット上での情報に惑わられがちですが、飲み方をきちんと守って使用してください。
「リラクミン」サプリメントですが、不眠に効くだけあって、副作用は多少なりともあるようです。薬草の「バレリアン」が、不眠、うつ気味の症状に効くようですが、これが体温を下げる効果を持っているようです。バレリアンをとり過ぎると、低体温、筋弛緩、歩行障害、疲労、頭痛が引き起こされる原因となっているようですが、「リラクミン」に入っているのはごく微量ですので、飲み方さえ間違えわなければ、副作用は起きないはずです。また、体調や、相性もありますので、合わないと感じたときは、すぐに服用をやめてくださいね。